メンヘラはジャスミン茶が好き

冷蔵庫で保存(10℃以下)し、開封後は賞味期限にかかわらず、できるだけ早めにお飲みください。

常識や清潔感、モラルのあるゴリラははたして本当にゴリラなのか

ぼくは狭量な人間だ。

 

電車でそう感じることが多い。

咳を抑えた手でそのまま吊革を握る人間が嫌い。

フケまみれのスーツを着たおじさんが嫌い。

床に座っている中学生が嫌い。

高齢者が立っているのに席を譲らない人間が嫌い。

満員電車にも関わらず空間を詰めようとしない人間が嫌い。

口の臭い人、服が汗臭い人が嫌い。

雨の日に傘を濡らしたまま電車に乗ってくる人が嫌い。

傘をポケットにぶら下げて満員電車に乗ってくる人が嫌い。

乗車、降車の時に後ろから押してくる人が嫌い。

満員電車で肘でガツガツ押してくる人も嫌い。

 

 

毎日毎日嫌な思いをする。

でも多分これらのことをやっている人の中には

誰かに嫌な思いをさせようとわざとやっているなんて人はほとんどいないはずだ。

 

さらにいうとぼくは「電車で誰かに怒ったり不快感を露わにしている人も苦手」だ

なのでこういう嫌なことがあっても決して表情には出さないし注意もしない。

 

心の中で(嫌だなぁ・・・)、(なんなんだこの人・・・)と文句を言っている。

そうすると自分が狭量な人間に思えてくる。

 

 

こういったぼくから見て「嫌な人」は、たぶん誰かが嫌な思いをしていることにも気付いていないのだと思う。

常識、清潔感、モラルなど人によって度合いが違うからだ

その人の常識、清潔感、モラルの範囲内での出来事なのだから仕方ないことなのだ。

 

ぼくが常識人です、清潔です、モラルがありますとマウントを取りたいわけではないが、

ぼくは当然こういうことはしない。ぼくがこれをやると罪の意識が生まれるからだ。

 

しかし、こういうことをしている「嫌な人」たちは無意識でやっており、

罪の意識はないのだ。罪の意識がない人間に対して不快感を感じている自分がいる。

 

そうすると、なんだか余計に自分が狭量に感じてくるのだ。

自然体でいる人たちに対して自分の常識、モラルを振りかざすようで小さい人間だと感じてしまう。

許せばいいのに、多少の不快感など感じないように寛容な心を持てよ、と自分に説教するのだ。

 

こういう心の持ち様、在り方がぼくの生きづらさなのだろうか。

みんなはどういう心持ちでこういった事態をやり過ごしているんだろうか。

誰かこの狭量なぼくに教えてほしい。

 

一度装備した常識やモラルは呪いの装備のようで簡単には外せない。

電車に乗るときだけすべての常識モラルをなくして猿になれればいいのに。

 

そうか、ゴリラになればいいのだろうか

 

電車が来た。ぼくはゴリラになる。ウホッウホッ!!

 

扉があくとぼくは興奮してダッシュする。ホォッ!!ホッホーー!!!!!

 

吊革が見えた、満員の人は関係ない。

ぼくは吊革にぶら下がって車内を移動する。

 

下半身に痛みを感じるが関係ない障害物など振りほどけばいいのだ。

ウッウホッッホ!!

邪魔な人間をちぎっては投げちぎっては投げ自分の場所を確保する。

そこでドラミングだ

ウッホーーーーー!!!!ドンドコドコドコドコドン!!!!!

 

リュックからバナナを取り出す、食べる、うまい

皮は当然投げ捨てる!ハゲの頭に投げつけた、頭に乗っかって面白い

ウッホッホウッホ!!!!ぼく(ゴリラ)は上機嫌だ。

 

クソも出す。

ブリュリュブリブリブチュチュブチチチブリュリュリュリューーーーーー!!!!!!!!

もちろん投げる。

ウッホッホウッホ!!!!!!

 

ゴリラにはクソ漏らしの概念などもない、何も恥ずかしくないし恥ずべき事ではない。

楽しい、つづけてウンコを投げ続ける、バナナも食べる。楽しい

 

あ、分倍河原だ。

ぼくは人間にもどる。

 

ぼくには何の罪の意識もない

常識や清潔感、モラルないゴリラだったのだから仕方ない。

 

ぼくがもし常識やモラルを保ったままゴリラになったら

心の中で(嫌だなぁ・・・)、(なんなんだこの人・・・)と文句を言うんだろうなぁ

そうすると自分が狭量なゴリラに思えてくる。

 

そしてぼくは、ゴリラとしてのアイデンティティを失いゴリラーマンとして生きるのだ。