メンヘラはジャスミン茶が好き

冷蔵庫で保存(10℃以下)し、開封後は賞味期限にかかわらず、できるだけ早めにお飲みください。

「時計じかけのオレンジが好き」と言ったら「ハルク」が出てきた話

 

j-taro.hatenablog.com

 過去記事で映画通を気取るための記事を書いた。

ちょうど映画通の後輩と飲む機会があったので

ぼくは「時計じかけのオレンジが好き」と言ってみた。

 

相手はマジのガチの映画通だった。ぼくが「時計じかけのオレンジが好き」というと

それがトリガーになったようで時計じかけのオレンジトークが始まった。

 

ていうか、予想通り過ぎて怖かった、やべえってなったよ

だってまだ時計じかけのオレンジについて何も知らなかったから・・・・。

 

後輩「たろうさんも時計じかけのオレンジ好きなんですね!さすがです、わかってますねー!!」

ぼく「お、おう、おもしろいよね」

後輩「目を無理やり開かれて水を垂らすシーンとか印象的ですごいですよね」

ぼく「あーわかる、怖いよね」

(なんとかいってる・・・てか、怖い!なにそのシーン)

 

ぼくは思い出したようにこう言ってしまった

後味が・・・すっきりというよりもこう・・・苦味が残る感じが、オレンジっぽいよね、逆にね

地雷だった

 

後輩の顔がおかしい、緑になっている。

 

後輩「すみません、たろうさん、見たことあります?僕は今心の中がハルクになってます。適当なこと言わないでください。」

怖い、ハルクは知ってる、時計じかけのオレンジは知らないけど。

ハルクは知ってる。すごい暴力のやつだ。車とか投げちゃうゴリラみたいなやつ。

 

とっさにクソ漏らしの話題をだす

ぼく「あっ!あっ!そういえば、この前、川でクソ漏らしちゃってさぁ!ハハ!」

火に油を注いでしまった。

ぼくのクソは石油か何かだったみたい・・・・。

 

後輩の全身が緑に変わった。

後輩「あからさまに話逸らそうとしないでください。知らないですよね、時計じかけのオレンジ

 

ぼくの顔も真っ青に変わった。

 

緑のゴリラと青のホネの対決が始まろうとしている。

 

やばい、目を無理やり開かれて目の前のウイスキーを垂らされる・・・・。

殺される、その瞬間ぼくは時計じかけのオレンジを体感した。

 

時計じかけのオレンジはマジで名作なので見た方がいいです。

※ぼくはまだ見てない

時計じかけのオレンジ (字幕版)