メンヘラはジャスミン茶が好き

冷蔵庫で保存(10℃以下)し、開封後は賞味期限にかかわらず、できるだけ早めにお飲みください。

勲章となりえる傷


f:id:j_taro:20181007200456j:image

ぼくは右手に傷跡があります。

この傷跡は昔コンビニでバイトしていた頃についた傷です。

 

 

その日はとても風の強い日でした。

深夜のコンビニシフトに入っていたぼくはいつも通り自転車で

バイト先へ向かい、レジ打ちをしていました。

 

当時勤めていたコンビニは深夜に来るお客さんはとても少なかったので

深夜帯の出勤者は2人でしたが、基本的に2時間交代のワンオペでバイトしていました。

 

22時からバイトを開始して0時に交代しぼくがレジ打ちに入りました。

レジ打ちに立ち始めて少し経った頃、帽子を深くかぶった怪しい男が入店してきました。

男は買い物かごをもって店内をぐるりと回ってから空の買い物かごをレジに置きます。

 

 

男「金をこれに詰めろ」

 

男はこちらにナイフを向けて静かに、けれどドスの効いた声で言いました。

ぼくは不思議とあまり驚きませんでした。

もともと怪しいなぁと思っていたのもあるかもしれません。

 

 

ぼく「今レジにお金入ってないんですけど、いいですか?5000円くらいですけど」

 

男「いいから詰めろ!!!」

 

ぼくはレジからお金を買い物かごに入れます。

少しビビりながらゆっくりと丁寧にいれていました。

その瞬間男が回りを警戒していて意識が逸れていることに気付き、ぼくは男に殴りかかります。

 

男の顔に一発入れると男はナイフをつきだしてきました。

そのナイフをギリギリでかわしてまた殴ります。

すると男はひるんでお金を置いたまま逃げていきました。

 

その時にナイフで切られた傷跡が上にある写真の傷跡です。

名誉の負傷です。

でもコンビニオーナーと警察の方には危ないことをしちゃいけないとこっぴどく怒られました。

 

 

 

 

 

 

ていうのは嘘で

 

 

 

 

風が強かった日に反対車線をあるくミニスカートの女の子が

パンチラしそうになっているのを眺めながら自転車を漕いでいたら

電信柱に正面衝突してど派手に転げて

チリンチリンの角でざっくり切ったときの傷です。

 

 

自転車はホイールが変形して廃車しました。

パンチラも見れませんでした。

そしてその時の傷は10年以上経った今でも消えません。

 

 

パンチラのため負った負傷、何も恥じていません。

これは男の勲章です。