メンヘラはジャスミン茶が好き

冷蔵庫で保存(10℃以下)し、開封後は賞味期限にかかわらず、できるだけ早めにお飲みください。

【花粉症対策サプリメント】ナイアシンで花粉症を改善してみる

5年位前から花粉症を発症して、一昨年くらいから市販薬は一切効かなくなり

今現在はアレロック(処方薬で最強)を使ってやっと収まる程度になってしまいました。

 

今年も間違いなく花粉症になると思い、今年は花粉が飛び始める前に出来ることを

色々試してみたいと思っています。

 

その一つが「ナイアシン」です。

ナイアシンについては以前このブログでも紹介しています。

 

www.menjas.com

 

目次 

 

 

 ナイアシンについて

 

 水に溶ける水溶性ビタミンのひとつで、ビタミンB群の仲間です。

ナイアシンニコチン酸とニコチンアミドの総称ですが、体内でトリプトファンという必須アミノ酸からも合成することができ、これらをナイアシンと呼びます。

 

 

ナイアシンで花粉症を改善を目指す

このナイアシンは体内のヒスタミンを放出させる効果を持っています。

ヒスタミンとはアレルギーの原因物質です。

つまり、ナイアシンを日常的に摂取し続ければ、体内のヒスタミンが消費され続けて

蓄積されるヒスタミン量が少なくなります。

 

ヒスタミンが少ない状態であれば、花粉を吸いこんでも花粉症が発生しにくくなる体質になるのではないかと思っています。

 

ネットで調べてみると花粉症が改善した!という報告もちらほらありました。

でも、しっかり検証してどのくらい効果があったのかまではよくわかりませんでした

 

なので、今年ぼくが実際に実験することにします。

 

実際にナイアシンを毎日飲んでみた

その実験のため、1週間前から毎日500mgのナイアシンを摂取して

ナイアシンフラッシュの発生状況をまとめていきます。

1日目

1カプセル500mgのナイアシンを摂取

上記の過去記事同様に全身紅潮が発生し、全身がポカポカとしてきた。

 

2日目

500mgのナイアシンを摂取

1日目と同様の結果。体内のヒスタミン蓄積量に影響はないと思われる。

3日目

500mgのナイアシンを摂取

ナイアシンフラッシュ(全身紅潮)が少なく、肩や耳のみに紅潮が発生。

4日目

500mgのナイアシンを摂取

ナイアシンフラッシュがほとんど起こらず。

追加で500mgを摂取

30分後にナイアシンフラッシュが発生。

5日目

2カプセルで1gのナイアシンを摂取

通常と変わらないナイアシンフラッシュが発生。

6日目

1gのナイアシンを摂取

顔回りのみ紅潮が発生。

 おそらく、体内に蓄積されたヒスタミンがほとんどなくなってきたと思われる。

 

結果について

と、こんな感じでナイアシンを飲み続けています。

1週間程度でナイアシンフラッシュがほとんど発生しないような状態になってきたので

これからは毎日1カプセルずつ飲んでいこうと思います。

 

ナイアシンが花粉症にどのくらいの効果が出たかどうかについては、

3月頃に花粉症が発症したかどうか再度ブログにて報告したいと思います。

 

結果についての続報(花粉飛散を受けて)

とうとう東京でも花粉の飛散が始まりました。

例年では花粉の飛散が始まると同時に鼻がむず痒くなったり、くしゃみが出始めるのですが、

今年は一切感じません。

 

今のところナイアシンの効果が出ているのかなぁと実感しています。

 

Amazonでも買えるナイアシン

 

今年こそ、花粉症に悩まされない気持ちのいい春を迎えたい!!!