メンヘラはジャスミン茶が好き

冷蔵庫で保存(10℃以下)し、開封後は賞味期限にかかわらず、できるだけ早めにお飲みください。

ブロン液カクテル経験談

()※当記事はODを推奨するものではありません。

 ODの危険性を啓蒙する記事です。

f:id:j_taro:20181022120414j:image

前に、ブロンカクテル リーン(Sizzurp)を作ってODしたときの経験談について

 

 

目次

 

・リーン(Sizzurp)の作り方

作り方は簡単で

ブロン液エースやアネトン液などの「ジヒドロコデインリン酸」を含む咳止め液を

スプライトや炭酸水で割るだけです。

ブロン液:60ml

スプライト:150ml

ぼくはだいたい1:2くらいで割っていました。

 

画像のリーンは「新コフジスシロップ」使っています。

【指定第2類医薬品】新コフジスシロップ 120mL

色がピンクパープルになっていて見た目が綺麗でODをする感覚が薄れてしまします。

しかも味は甘く、苦さや飲みにくさはありません。

そのため、ぼくは危険な行為をしているという認識を持てずにODにハマってしまうことになりました。

エスエスブロン錠と比べて

ブロンのODは以前にもやっていましたが、このブロンカクテルを使用したODが

飲みやすさ、手軽さがあり簡単に出来ました。

液の場合吸収も早いため、効き目が早く、飲む量の調節がしやすい利点がありよくやっていました。

 

 

 

j-taro.hatenablog.com

 

 

・リーンの摂取量について

ふわふわした多幸感を味わうためにだいたい2日分から3日分のジヒドロコデインリン酸を摂取していました。

ブロン液で言えば1本で2日分なので1本~2本ですね。

カクテルにして飲む場合は2~3杯分になります。

 

飲むとだいたい30分~1時間程度で効いてきます。

わかりやすい目安は喉の乾きです。

副作用で喉が乾いてくるのでそれが目安にして、分量の調節を行っていました。

 

・リーンのエフェクトについて

リーンが決まると思考が穏やかになり

ふわふわとした浮遊感、寝てしまう直前のような微睡み感が出てきて、とても幸せな気分になってきます。

憂鬱で死にたかったぼくはこのエフェクトにハマってしまい、OD沼に落ちていきました。

 

たいていソファなどでゆっくりして、好きな音楽を聴いて過ごしていました。

ぼくのおすすめはオーストラリアのアーティストTame impalaのMVです。

Tame impalaのMVは程よくサイケデリックで相性が良かったです。


Tame Impala - Feels Like We Only Go Backwards - YouTube

 

 

他にはクラムボンの「lush life」のMVもいいです。

テームインパラよりはアップテンポで、ロトスコープ法で作られた、世界観に入りやすいMVになっています。


clammbon「Lush Life!」MV - YouTube

 

 

土日はこんな感じで音楽を楽しみながら

ベッドで横になって朝までぼーっとする生活をしていました。

 

 

・リーンに使用していた材料まとめ

・新コフジスシロップ

・その他ジヒドロコデインリン酸が入った咳止め薬

・割り物